彩の国あんしんセーフティネット事業

埼玉県内の社会福祉法人で構成する「埼玉県社会福祉法人社会貢献活動推進協議会」において、地域の生活困窮者に対する相談支援事業『彩の国あんしんセーフティネット事業』を行っています。社会福祉法人 至福の会として、目の前で困っている人を第一に考え、生活に困っている人たちに寄り添い、訪問や相談を通じて必要な制度につなぎます。むさしの園の専門職による援助知識・相談技術を活用して支援します。



わかば緑道

入居者様・地域の方々が安心して散歩が出来るよう、敷地内に全長200mの遊歩道を設けています。また、緑道の奥にある防災広場には、ベンチを設けております。4月下旬から5月の上旬にかけ、赤と白のハナミズキが緑道を彩ります。



ブリスホール(地域交流スペース)

毎月第2火曜日に【わかばカフェ】を開催しています。
カフェには地域住民の方が参加しており、狭山市のオレンジカフェにも登録されています。その他、ボランティアの演奏会場としても利用していただいており、入居者様とそのご家族にも楽しいひと時、リラックスできる空間を提供しています。



自治会との交流

むさしの園近隣の自治会である、“若葉台自治会”との関係・交流を深めるため、毎年7月に開催される自治会のお祭りの開催場所を提供しています。社会福祉法人として地域との密接な関係を気付くことで、いつでも相談にのれる友好関係を図っています。また、むさしの園で行われる防災訓練も自治会と共同で実施しています。



狭山市入間川七夕まつり

関東三大七夕祭りに数えられる「狭山市入間川七夕まつり」は、2014年「都市景観大賞都市空間部門」で優秀賞を受賞した狭山市駅西口・市民広場から七夕通り商店街を中心に約1.5キロメートルの沿道約130本の七夕飾りで埋めつくされます。また、昼間とは一味違った七夕飾りの美しさと涼を求めて、多くの方が夜遅くまでまつりを楽しみます。そこで、地元狭山市の活性化にむさしの園も協力しています。写真は、むさしの園の利用者様と職員とで製作した七夕飾りです。過去に「おりぴぃ賞」「七色芸術賞」「牽牛賞」などを受賞しました。七夕祭り当日は、利用者様と地元の大学「西武文理大学」の学生ボランティアの協力もあり楽しんで観ることができました。