施設長ごあいさつ

むさしの園わかばは、100床全室個室のユニット型の施設です。私たちは「在宅での生活を継続し、笑顔あふれる介護」を目指します。


建築するにあたり既存施設の介護職員の意見を聞きながら、入居者様が安心した生活が送れ、かつ、職員が働きやすい施設を研究しました。

 

施設に入る利用者様は自ら望んで入居される方は少ないです。様々な環境下で在宅の生活ができなくご入居される方がほとんどとなります。そんな中でも「ここに来て良かった」「ここが私の新しい家」と思っていただける施設にしたいです。

 

1ユニット10名の小規模単位にすることで、ケアをするスタッフや一緒に生活する入居者様と家族以上の存在となり、安住の場所で生活を送れるご支援をいたします。
身体介護は当然のこと、「心のケア」が重要だと考えます。特に認知症高齢者の方は記憶障害や見当識障害、物と盗られ妄想など様々な周辺症状が現れます。その症状を少しでも緩和できるよう専門スタッフが様々な手法を取り入れケアを実践していきます。
終焉を迎えられるお手伝いをいたします。入居者様が最期までその人らしい人生が送れるようご支援します。

特別養護老人ホームむさしの園わかば

施設長:遠藤 敏 (えんどう さとし)

所有資格:介護支援専門員、社会福祉士、介護福祉士